Close

Frederickの窓ガラスについて

Room’s BLOG

今回はFrederickの窓ガラスのこだわりをお伝えしたいと思います。

 

Frederickの主な窓は、先進の高断熱技術が使われた「サーモスLのLow-E複層ガラス」を採用しています。アルミの「耐久性・意匠性・採光性」の良さに、樹脂の「断熱性・防露性」を融合したハイブリッド窓です。

 

 

 

Low-E複層ガラス

断熱と日射熱のダブルの効果で冬場でも暖かいLow-E複層ガラス。室内側のガラスに無色透明の特殊金属膜をコーティングすることで、優れた断熱性能と日射熱取得率の両立を実現。透明度が高いので採光性にも優れています。

 

 

 

窓の断熱性について

冬暖かく、夏涼しい快適な暮らしの為に

住まいの断熱を考えるには、家の中で最も熱の出入りが多い、窓の断熱性を高める事が、快適な暮らしを実現するための大切なポイントとなります。

 

 

 

熱貫流率の値が低ければ低いほど、熱の移動を少なく抑えられ断熱性が高く結露がしにくい窓となります。

 

 

窓の省エネ性

エアコンの効率を高め、暖冷房費&Co2を削減。優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。また、電気の使用量を減らす事で暖冷房費や、Co2排出量を大幅に低減します。

 

地域別暖冷房費用 [ 年間 ]

(エアコン設定温度 冬季暖房:20℃ / 夏季冷房:27℃の場合)

 

[ 東京 ]

 

窓の遮音性

車の騒音など外からの音の侵入や、楽器などの室内から外への音漏れも抑えます。

 

窓の防露性

室内側に樹脂を採用する事で、結露の発生を抑制。高い断熱性能の効果により、結露を軽減します。

 

窓のデザイン・採光性

外観と内観色は、ともにブラックでシャープに演出。すっきりとしたフレームデザインが特徴です。フレームの極小化によりガラス面積を15%拡大。眺望性・採光性に加え、断熱性の向上も果たしています。

 

 

 

 

 

Frederickのランドリースペースはプライバシーを確保

ランドリースペースでは、洗濯物を干す場所ですので、プライバシーはしっかりと守りたい。

 

 

 

片面に型模様を付けた型板複層ガラスを使用し、かすみ柄の凹凸面が入射光を乱反射することで、視線を遮ることが可能です。透明ガラスとほぼ変わらない可視光透過率で光を通します。型板ガラスの凹凸面は中空層側に向ける為、汚れが溜まる心配はありません。

 

朝・昼間

室内が暗く、外が明るい場合

窓ガラスから離したぬいぐるみは、見えづらくなります。

 

 

夜間

室内が明るく、外が暗い場合

 

 

窓ガラスの表面

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

新築のアパートでは複層ガラスが主流となりつつあります。Frederickでは、冬は暖かく、夏は涼しいお部屋を実現する為に、窓ガラスはより断熱性の高い「サーモスLのLow-E複層ガラス」を採用しました。検討される際に、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

room's