Close

前橋市大友町新築アパート進捗状況④105号室のご紹介

Room’s BLOG

今回はFrederickの105号室のご紹介です。

(全体の間取りはあるのですが、しばらく部屋単体でのご紹介とさせて頂きます。)

105号室だけの特徴をご説明していきます。

105号室は、一番奥の角部屋住戸です。

同仕様の間取りはございません。

 

遮音性について

 

101号室での説明同様、準耐火建築物となるので、石膏ボードが2重張りで壁が厚くなるのと、隣との界壁があり、更に階段で隣の部屋とを分けている関係で、何重にもプライバシーを確保する為に考えた住戸になっております。隣の部屋とは完全に遮断されていると言っていいでしょう。

 

また、上の階の床下には遮音マットを敷き詰めます。いくつか種類がある中で、最適なものを選びました。

遮音性については木造アパートの重要なポイントです。

ご入居者様が快適に過ごせるよう特に配慮し、企画しております。

こちらのページ にて、遮音性についてご説明しております。

 

 

間取り図について

 

説明が重複しますが、見て分かる通り、隣室と遮られた105号室。

右側の水回りはどの住戸とも接していない角部屋で、単身者用に企画した住戸です。

分かりやすいように2階に上がる階段も載せております。

主要採光面は、リビングの窓となり、向きは南向きとなります。目の前は敷地内駐車場ですので、日当たりも十分確保されます。

リビングについて

 

内装デザインは、BarrackBristolシリーズに似た印象になります。

このデザインも今回の新築アパートまでとなります。

と言うのも、内装のクロスや床材などは2~3年で販売停止になるのでなかなか気に入ったデザインを継続して使うことが出来ません。

残念ですけどね。

 

リビングスペースは、お気に入りの家具も設置できるほどのスペースは確保されております。

間取りの設計で特に重視しているのは家具の配置です。

家具の配置から間取りを作っている為、いざ住むとなった時に納まりが良いお部屋になっています。

ちなみに設計士さんは、外観デザインから考えるみたいです。

私と真逆。だから私はスクエアな外観しか作れないんですよね…。

ただデザイン重視の外観デザインから考えていくと、どうしても間取りに無理が出てくるんです。

なので私はこのスタイルで作り続けます。

 

ランドリースペースについて

 

今回の企画の特徴でもある、ランドリースペースを設けております。

賃貸アパートでは、なかなか聞かないのではないでしょうか?

サンルームやバルコニー派ではない私の考えでこうしております。

賃貸住宅はもっと自由であって良いと思います。

105号室と205号室のみ、ランドリースペースが南向きとなります。

最近では室内干しの際に、除湿器を使われる方も多く、ランドリースペース内であれば、それ程広くもないので良く乾くと思います。室内乾燥機の容量も小さいタイプで済むので費用も抑えられます。海外ではバルコニーがないのは一般的で、室内干しが当たり前。衣類などは除湿器で乾かすようです。うちの家でも除湿器で衣類を乾かしています。

室内干しでは洗濯物を盗まれるなどの心配もなく、花粉症や大気汚染などに悩まされている方にはおすすめです。

家事動線も便利で、洗濯物はここで洗濯して、そのまま干すことができます。

 

 

洋室について

 

寝室は3.5帖。シングルからセミダブルまで設置可能なスペースを確保。

今回、ちょっともったいないのですが、採光の面で両開きドアの採用となりました。

そしてウォークインクローゼット付。

 

収納について

 

寝室にウォークインクローゼット。単身からカップルまで対応できると思います。また、ランドリースペースの上部収納。洗濯機置き場横にも、棚などが置けると思います。

 

 

キッチンについて

 

今回もタカラスタンダード製のキッチンを採用の為、キッチンパネルはマグネットでくっつきます。

収納力が高めの足元スライド式にしました。

横幅は、ファミリー向け賃貸の標準サイズである1,800mmワイドサイズ。

※キッチンはイメージ画像なので実物と多少異なります。

 

キッチン裏のスペースも余裕があります。食器棚も十分置けるサイズ感。

 

洗面所について

 

洗面台は今回もサンワカンパニー製のパティーナを採用します。

ハウスメーカーの入れる洗面台の、約5倍以上する価格で、さすがに入れるのを毎回躊躇してますが、他に気に入るのがないんですよね…。

※パース作成にあたり、同じのがないのでこの画像は配置の確認にご利用ください。

 

 

サンワカンパニーさんのパティーナ洗面台画像がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレについて

 

トイレは今回もアラウーノを採用。節水省エネはもちろん、汚れが付きにくいスゴピカ素材。激落ちバブルで流すたびに水流と泡で洗い流す。

アパート建築において、最もコストを抑えて安価なものにしがちなトイレ周り。だがしかし、Room’sは妥協しません!

 

 

 

 

 

バスルームについて

 

今回も広々1坪風呂を採用。単身向けの1坪風呂はなかなか贅沢ですよね。

オプション品も多数導入していますが、何と言っても今回は!

ジェットバスを導入する事にしました(笑)自分の家にもそんなのないんですが…。

毎日の疲れを癒して頂ければと。それからもちろん、浴室乾燥機や追焚きも付いております。

 

 

玄関について

 

玄関は少しだけ広めにしました。カウンタータイプにする事でカウンター上に小物を飾ったりすることができます。玄関周りは風水にも気を遣いたいですよね。私なら炭とか置いてみたいかな。

 

 

外構植栽について

 

105号室前はこのように植栽をもうけようと思っています。外構なので最後まで悩むと思いますので、植栽がない場合も考えられますが…。

 

 

room's